気を配っておきたい癌症状

先生

注目しておきたい癌症状

東日本大震災に伴って原発事故が起こったことはまだ記憶に新しいですが、この原発事故が起こった影響によって、癌の患者が増加するのではないかといった可能性が示唆されています。これは、同じく原発事故として有名なチェルノブイリでの原発事故が起こった後、数年が経過してから、癌を発症する方の数が飛躍的に増加したことに由来する可能性の示唆となっています。中でも特に注目しておきたいのが、甲状腺の癌です。原発事故によって東日本一帯はもちろんのこと、日本各地に広く飛び散ったとされている放射性物質の影響によって、この甲状腺の癌を発症してしまう可能性が高くなっていると言われているのです。今後しばらく定期的に検査を受けるなどして、いち早く症状の有無を確認するように注意しておくといいでしょう。

早期の治療が肝心

定期的に検査を受けることが重要となっているのは、甲状腺の癌は早期の段階で見つけることによって、治療が可能であるケースがあるためです。甲状腺の癌の中には、自覚症状がほとんど見られないために発見が難しいものがありますが、その状態を放置してしまうと、自覚症状が出始める頃には症状が進んでしまっており、治療の予後がよくない結果になりやすくなってしまうのです。そのため、定期的に検査を行い、発症を見落とすことなく早期の治療に取り掛かることが、何よりも重要なポイントになっているのです。原発事故の事後処理といった意味合いでの収束はまだまだ完全には行なわれておらず、今後も放射性物質のさらなる拡散の可能性が少なからずある現在の日本だからこそ、十分に気を配っておきたいのです。